クリスマス会第1弾!(リトミックコース)

2018-12-23

こんにちは、

12月19日はイクエルドレミコース(0才からのリトミック)の年内最後のレッスンでクリスマス会を行いました。

通常レッスンの「ドレミで元気!」やカード・リトミック・絶対音感などの他にクリスマス飾りの制作をしましてた。

のりで折り紙を貼る作業も、スティックのりを使わず、チューブのりを指でつけます。

手に直接のりをつけることもママたちは嫌がりそうですが「冷たい!」「ぐにゅっ」など、指先の触覚を刺激する事は、大変有効です。

また細かいドットシールを貼ったり、指先の器用さ、運動促進につながっていきます。

その後は「もぐもぐおやつタイム!」

みんなでおやつを食べてとても楽しそうでした。

その後、みんなは近くのファミレスにランチに行ったそうです。

きっとここでも楽しかったね。

こうしてお仲間ができてママもいろいろ子供を通して情報交換ができたりするのも良いですね。

「まだベビー?」いやいや、この時期の脳のトレーニングは、ベビーこそが一番吸収率が良いのです。

0才から始めたSちゃんは、今ではそのフラッシュカードを暗記して歌っています。

そして、その妹ちゃんのKちゃんがちょうど、Sちゃんの始めたころと同じ年齢でノリノリでカードを見つめ喜んでいます。

「まだ赤ちゃん」と思いがちですが、すごい勢いで脳が学習をしているのです。

どんどん神経細胞同士がシナプスを出して繋がっていきますが、使われていない部分はそのまま退化していくと言われ

使われないところは省エネ活動でそのまま閉じてしまうそうです。

絶対音感などもそうで、聴こうとする耳を作るのは6歳半までと言われています。

また集中力を養う、暗記する脳、などを作るのには小さければ小さいほど良く、かけた教育費のコストパフォーマンスが高いのはやはりベビーだと感じております。

随時、体験レッスン(有料)をいたしております。

お申し込み下さい。


カテゴリー: ブログ タグ:

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2019 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com