ブログ

老後とピアノ

2022-06-13

こんにちは、

我孫子市、柏市のピアノ教室 どれみピアノスタジオ 遠藤 操です。

教室では1才のベビーちゃんからシニア世代と幅広い年齢層のピアノ教室です。

もともと、子供のピアノ教室から始まった「どれみピアノスタジオ」も私、代表の遠藤操が、大人のピアノ指導を始めてからも早20年以上が過ぎています。(私の年齢もおおよそ、おおよそバレますね・・)

シニアプラチナ生徒さんも、今までに、92歳の方までいらして、正しく人生100年時代になったものだと想っております。

そして最近、読んだ本が、あまりにもあるある!すぎて、、、、大人の生徒さんたちに、ご紹介しております。

それが、こちらの本です。

朝日新聞記者だった方が、コラムとして、連載していて、私は朝日新聞出版週刊誌「アエラ」での記事を読んだのが、最初です。

「おとなの発表会、我々は恥を忍んで戦う勇者の群れだ!」の文字に釘付けになったのを懐かしく思い出します。

本当に、、、、、

私の教室は、大人子供が一緒の発表会(うちでは、コンサートと呼んでいます)です。

単なる、ただソロを弾くだけでなく、大人の方も生徒さん同志の連弾があったり、とにかく音楽の楽しみ方を色々と会場のお客様にも提供できる内容に毎回、「私の腕の見せ所」と頑張っております。

大人になってから人前で演奏することがどれだけ、大変か・・・・手はブルブル、足はガタガタ、頭、真っ白、そんな状態でも、舞台では、たった1人、戦わなくてはならないのは、大人も子供も同じ!

薄暗い舞台袖から、きらきら光り輝く舞台に出ていき、どんな演奏になろうとも演奏を弾き終えて、袖に戻ってこなければならないのです。

孤独との戦いなんです。

そんな情景を孫のような子どもたちとそのご家族、そして大人、シニアの生徒さんが見つめるステージ。

音楽は世代を超えて・・・・会場一体が一つに、なる瞬間なんです。

子どもたちは、ガタガタ震えても、頑張る大人の生徒さんの演奏を見つめ、聴いて、「おばあちゃん(笑)リハーサルの時は、失敗してたけど、本番、すごくうまかった!」などの感想も聞かれ、やはり、頑張って続けていく大切さなども、学んでいるようです。

そして、私の教室の継続率の高さ!

子供も3歳から高校生まで・・・と10年以上の子も多いのですが、大人の方は、最初からいらっしゃる、つまり20年近い生徒さんたちが、これまた数人レベルではなく多数おいでになります。

これって、やはり、皆さんがまず、健康であること! ご本人もそうですが、ご家族、介護などそれぞれ、自分だけではどうにもならないこともあります中のこの割合は、本当に素晴らしいです。

秋には、私たち、京都の梶原香織先生と立ち上げた日本シニアプラチナピアノ協会主催大人だけの「プラチナコンサート」を素敵なお庭のある結婚式場で、仏滅・平日(笑)に開催したいと思います。

何か、今まででやりたかったこと、やり残していること、ありませんか?

ピアノで人生の終盤、脳も心も身体も健康で、笑って毎日、過ごせるお手伝いをしております。

良かったら、一度見学にいらしてくださいね〜

 


60歳からの認知症予防脳活トレーニング

2022-03-22

 

 

こんばんは、

今月の生き生きハッピーバースデー脳活トレーニングは、3月25日(金)10時からです。

ピアノ伴奏に合わせて、歩いたりリズムを取ることにより脳のさまざまな領域を使い、楽しく脳の活性化ができます。

歌うことは腹式呼吸で肺機能の強化になり、ストレス発散にも繋がります。

また、ピアノ教室だからこそできる定期的な毎月のトレーニングを受けていただけますので、認知症予防としての効果も単発よりも、脳が受ける刺激は多くなると思います。

私は、特別養護施設での音楽療法も担当しておりますが、このプログラムは、さらに指導歴のある先生にお願いをしました。

1人でも多くの皆様が、認知症にならずに人生の最後まで生き生きとお過ごしいただくために。

尚、シニアプラチナピアノグループレッスンは「日本シニアプラチナピアノ協会」代表理事でもあります私・遠藤が担当しております。

この2つのプログラムにより、更に脳に特化した街のピアノ教室として貢献できますよう、勉強を重ねて参ります。

 


バレンタインデーキャンペーン

2022-02-20

バレンタインデーの週に、毎日7日間練習したら、「お菓子すくいができます!と教室ラインにお知らせしました。

名付けてUFOキャッチャー、いや、おたまキャッチャー!

そしてそれはきちんと、レッスンノートに記録してないと無効になります。どんなに忙しい子でも、毎日ということと、それをきちんと毎日記録すること。

これ、なかなか、書けない、書いてこない子が多いです。

自分自身で練習をカスタマイズする、そしてそれを可視化することにより達成感を味わい、その成果を感じる事ができます。

これは「レコーディング勉強法」とも言われ、記録することで練習時間や回数でどれくらいできるようになったのかも分析ができるようになります。

私は育脳ピアノ、脳活ピアノとも言っておりますが、こうした些細なことも、ただただピアノを弾くのではなく、しっかりと脳を使って弾くように、指導しております。脳について色々、文献などを読んで勉強しておりますが、脳は常に、省エネ活動で必要のないものは、すぐに忘れていくそうで、もちろんそうしないと、頭に入りきらないからなのですが、それを必要の事柄として留めておくには、どうしたらいいのか・・・私は脳科学者ではありませんが、それは分析する脳と反復する事に尽きると思っています。

ちっちゃな事だけど、生徒さんに楽しみながら、そんな事も教えてあげられたら・・・とバレンタインデーキャンペーン・そして何日かできなかった子にも、「リベンジキャンペーン」と1週間延長しております。

最高9個取れたYちゃん

Yちゃんのレッスンノートはこちら!(掲載の了承頂いております)

まだ低学年ですがしっかりと、書いています。

ここがとても大事なんです。自分自身で自己管理をしながら、毎日の練習をして、それをお母様がそっと見守ってくださっています。

理想的な親子関係ですね。そんな風景も垣間見える、バレンタインキャンペーンです。


リトミッククリスマス会

2021-12-27

年内、最後のレッスンは、リトミッククラスのクリスマス会でした。

お写真のご承諾を頂いております。

コロナ禍なのでピアノ科の子達のクリスマス会は今年もできなかったのですが、リトミッククラスは人数も少ないので、2レッスン分として行いました。

残念ながらウチの姉妹の2人は、お休みでしたがオンラインで繋ぎました。

クリスマスソングを鈴やタンバリンなどを振りながら、歌いました。

ハンドベルなどの体験、それから体で表現する連想ゲーム、イントロクイズ、トナカイの福笑いなど、みんな楽しそうでした。

オンラインでは、なかなか、その臨場感は味わえなかったかな・・・

最後はママとジングルベルの連弾をしました。

リトミッククラスを卒業したばかりのZくんは「僕も弾きたーい」と羨ましそうなお声!

今度の発表会で弾いてね〜

今年も1年間 ありがとうございました。

 

 


ピアノパーティーA終りました!

2021-12-20

土曜日の最初のレッスンは、年長さんのMちゃん。

まだピアノを始めて、数ヶ月ですが、先日の柏ハッピー秋季ステップデビューもしております。

最後の曲のお楽しみ、「ビンゴ」この曲はみんな大好きですね。

一緒に連弾をしました。

連弾は相手の音を聴く、良いお勉強になります。

ちょうど、翌日にお友達とクリスマスパーティーをするということで、クリスマスの曲、ジングルベルのプリモの練習もしました、セコンドは、やはり土曜日のレッスンに来る先輩H君! 同じ保育園のお友達同士でご紹介くださり、Mちゃんが入会してくれた仲! 

これは連弾仕込むしかないでしょう〜!

前日でしたが、それぞれに仕込みのレッスンをしました。

Mちゃんは、プレリーディングで、H君には即興ですぐ弾けるセコンドのウォーキングベースで!

翌日、先輩H君ママがその楽しい連弾の動画を送ってくださいました。

よ〜く聴いていると、先輩H君がまだ、たどたどしいMちゃんの音を聴いて、メロディーに合わせてあげているのがわかります!

これこれ! 先生と合わせるのではなく、生徒同士で合わせるのが、お互いに良い効果が出ますね。

そして、日常の生活の中に、音楽を楽しんでいる事が何より嬉しいですね。

どれみピアノスタジオでは、生徒さんの成長と、こうした何気ない日々のレッスンを大切に指導させていただいております。

 

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2022 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com