ブログ

コンクールについて思う事、Sちゃん初めてのコンクールにチャレンジしました!

2017-07-16

こんにちは

柏市・我孫子市のピアノ教室「どれみピアノスタジオ」 遠藤操です。

生徒さんは柏市・我孫子市を中心に、松戸・取手市などからもお越しいただいております。

この夏の時期になると毎年思うこと。

それはコンクールです。

私のところではコンクールを受ける生徒さんが毎年いらっしゃいます。

コンクールも今では、ピティナであったり、、バッハ・ブルグミュラーコンクールや、グレンツェン、国際ジュニアなど、さまざまな物があります。

その中で生徒さんに合ったコンクールを選択するのですが、あくまでも、コンクールに出たい! というやる気のある生徒さんのみで受けております。

ステップとは違い、コンクールは絶対評価ではなく、相対評価。

日頃の練習はもちろんの事、こちらがレッスンごとに出す課題・部分練習をじっくり、取り組んでいただけるかどうかです。

特に小さいお子様の場合は、お母様の協力なしでは、無理なので、そのフォローができるかどうかにもかかってきます。

本当は、すべての子がコンクールを経験するとピアノはどの子も上達すると思っています(その子なりの成長幅で)

でも、上達させることだけが目的ではないので、それを望んでいない子には追い込んでしまいますね。

私自身、苦い失敗体験があります。

そんな中、今年4月に「コンクールを受けてみたい!」と入会されたSちゃん。

お母様が中国の方で中国人のピアノの先生についてレッスンしていたそうですが、日本でのコンクール指導経験がなかったので、うちにいらっしゃいました。

コンクール指導はある意味、独特でコンクール仕様のレッスンでないと、なかなか通らないのが現状です。

だからコンクール指導を勉強し続けているのですが、といっても、入会されたのが何しろ4月、コンクール3か月前です。

すでに、ピティナの課題曲も出ており、いろいろ直さなければ、ならなかったこともあり、今年は初めてなので、まずは1曲だけのグレンツェンから、取り組むことにしました。

そして昨日の千葉予選では、銅賞とのメール報告がありました。

レッスンで伺えなかったので実際の演奏が聴けなかったのはとても残念ですが、写真・動画はあとで送って下さるそうなので、また次回、載せますね。

メールの内容では、銀賞なしの金賞に次ぐ銅賞だったとかで、それぞれの先生の個表を写メして送っていただきましたが、とても良い点数でした。

これには、本人も自信をつけたようで、来週はピティナ検定です。

実は最初は初めてで、怖いので1曲だけのグレンツェンといっていたお母様も、4月にレッスンを始めてだんだん変っていく様子に「ピティナもやってみたい!」と変わっていき、私の師匠レッスンも一度だけですが、受けてきました。

コンクールの結果に一喜一憂することなく、努力する大切さ・本人が工夫して練習に取り組む姿勢、練習辛い時もあるけど、もう少し、ここだけ頑張る・・・などの忍耐力など、誰かとの闘いではなく、最終的には、自分との闘いなんですね。

そして、そういったすべての事をご家庭でも、コンクール会場でもフォローしてくださるお母様との親子関係が何より、大切ですね、

「親が変われば子も変わる」

私の所属する師匠のお言葉です!

そして指導者の私も経験を積みながら、向上していきたいと思います。

人生、いくつになっても勉強です!


七田式ドレミリトミックレッスン

2017-07-07

 

こんにちは、

今日は0・1歳のベビーリトミックの日でした。

10か月のH君、1歳半過ぎのSちゃん、A ちゃん、 Rちゃん、S君と5人クラス。
みんな、とても楽しそうです。

幼児教育のパイオニア七田式のリトミックを取り入れており、音楽に合わせて動くだけでなく右脳を生かしたカリキュラムは、フラッシュカードなどを使い言葉の入力や、絶対音感トレーニングなどもしております。

0歳から3歳は、天才的吸収力で脳がぐんぐん成長する時です。

様々なリトミックも勉強しましたが、七田リトミックのその効果を見ていて、目を見張ります。

半年で音楽に合わせて鈴を振る事ができるようになり、自分の名前の数だけタンバリンでたたけるようになりました。

ここに集まってくださるママ達も、ホントに和気藹々と良い方ばかりです。

愛と笑いが満ち足りたステキな時間です。

只今、0・1歳クラス、募集中です。

脳科学に基づいたリトミックを是非、お子様に体験させてあげて下さい!

ベビーリトミッククラスは水曜日の10:30からです。


リトミック体験レッスン

2017-06-13

先日、女優の上戸彩さんが、月曜「スカットジャパン」で幼少期の習い事で、プール、ピアノ、その他さまざまな習い事の中で一番楽しかったのが、リトミックだった!と話していたそうです。

リトミックとは、お母さんと一緒に音楽に合わせてリズムをとったり、身体を動かしたり自己表現をしたり、楽しく動きながら即時反応を養ったりと小さいお子様にとって、大好きなお母様と共に、活動することで、母子の絆も深めてくれます。

どれみスタジオではそれに加え、幼児教育のパイオニア「七田式右脳教育」プログラムを取り入れた「七田ドレミリトミックを行っております。

こちらは、ただ動く・楽しむだけのリトミックとは違い、フラッシュカードを使っての音符の入力や、耳から入った情報を目で捉えるなど脳の仕組みに沿ったプログラムで発語を促したり、6歳半までにしかつかないと言われている「絶対音感」を身に着けるためのレッスンでもあります。

2才・3才コースの体験レッスンを6月17日(土)17:30より行います。

お申し込みは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

 

 


お稽古事のマナーについて「知っている?」「知らなかった?」

2017-06-08

先日から通信をお配りしております。

今回のテーマは、マナーについて。
お教室での靴下着用の訳・ハンカチを持参の訳・そしてお月謝の事について。

お月謝をいただく立場としての私が書くのも何とも言いづらいものでもありますが、お金の事って大事なことです。

テナント料・講師給与など、月末締めなので、月謝は前月末にお願いをしておりますが遅い方もあります。

これは、約束事であり、社会では、クレジット・銀行などでも、、決められた日に引き落としがあり、それができない事が何度もあると信用問題になります。

 

手渡し月謝にしているので、「ま、いいか!うちだけなら・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、経営上、大変困ります。

ご主人のお給料が、たとえば会社から、「今、、お金がないので、来週にしてください!」なんて、言われたら、困りますよね(笑)

また、私も時々あるのですが、お仕事で忙しいので、つい、忘れてしまう方もあるでしょう。

でも、私が、袋をお渡し忘れていてもまた、3回しかレッスンがないくお給料前にもかかわらず、封筒に入れて、お持ち下さる方がいらっしゃるのも事実です。

こんな、いろいろな事情もあるので、月謝振込も考えざるおえないのですが、やはり、、、月謝袋を渡すあの儀式「お願いします! ありがとうございます」の感謝の心を持ち続けたく、今に至っています。

 

文章で書くと、何か「先生はえらそう!」と取られかねないのですが、マナーについても「知っている」か「知らなかった」では、きっとそれをするかしないかは、本人の問題としても、たぶん、知っていた方が良いのではないかと思うのです。

そしてそこに、人としての心があるかどうか…なのだと思います。

つい、その時の感情にとらわれて私も失敗することがありますが、そんな心が持てる人でありたいと思います。

 


子供達の忙しさ

2017-05-22

こんにちは、

このところ、毎日、春を通りこして初夏の陽気です。

この気温の寒暖差に体調を崩している生徒さんも多いですね。

おまけに、我孫子地区は運動会が春、すでに終ったところ、これからの子達もあり、この連日の暑さにぐったりとしています。

そんな中でも子供達は、レッスンに来てくれます。

もちろん、ママに連れられてきますが子供達としては、ホントのところは休みたいところでしょう。

そんな中でも、眠たい目をこすりながらピアノを弾く様子は健気で、愛おしくなります。

子供達は本当に毎日が忙しく、学校、部活の他に、塾、プール、その他お稽古事が、毎日のようにあります。

そんな中で・・・・

何を優先するのか、、したいのか。

ピアノははっきり言って毎日の練習をしなければ、上達はしないと思います。

それでも、レッスンにこないより、ましです。

毎日忙しく、体も疲れているわけで、来るのだって大変たけど、レッスンにくれば、音符読みをしたり、リズムトレーニングなどのソルフェージュはできます。

そしてその子のペースでレッスンを進めていきます。その中での気づきもあるでしょう、

「毎日、練習しなさい、ピアノ、やったの?」とママ、言ってませんか?

「練習しないなら、お月謝もったいないでしょ! 辞めなさい!」

確かに、一生懸命働いてくださったお金が月謝になりますので、その成果の見返りを求めたいのも親御さんとしては、当然です。

でも、その見返りって。、

練習がすべてではないこと、続けていくことで、どの道に行くかはわからないけれど、その道は繋がっている、続いているということ。

なんだかわからないけれど、色々、散らばっている点々が、そうして続けていくことで、1本の線になって、やがて太い線。になっていくと思っています。

 

 

 

 

 


« Older Entries
Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com