オムツがとれたらピアノ教室へ!

2019-07-14

オムツがとれたらピアノ教室へ!

母のその強い思いがあり、今の私がいます。

3歳から習わせてくれてありがとう❤️の気持ちを込めて。

仲間と共に学び始めたジャズアレンジ術。

音楽療法やピティナのステップアドバイザーなど、

仕事が入る日が多く、何度も脱落しそうになりながらではありましたが、何ヶ月に一度のお休みの日にポツリポツリと通い、まだまだ理論も身についてないけれど、「私もきらきら星をやりたいです!」の直談判。

そんな私を友子先生は、温かく励ましてくれました。

理論はかなり前にやったのを思い出すのさえ怪しくまして、楽譜の書き方ははちゃめちゃ。

でも、アレンジだけは浮かんでました。

きらきら星のメロディーを弾いていて、何故かパッヘルベルのカノンの調べが鳴っていたのです。

それを拙い手書きで書いてファックスをして

アドバイスをいただいたら、それを直し、またファックスと要介護状態。その間1週間前後。

3度ほどで合格!!と言っていただけ、しめきりも間近でしたので先生がそれを直接出版社に送ってくださいました。

ギリギリセーフ!

自分の考えたアレンジが楽譜になるなんて思ってもみませんでした。

母にお稽古させてもらったお礼にできたのの楽譜をプレゼントするととても嬉しそうに楽譜を見つめていました。

きっと家宝にしてくれることでしょう笑笑

今、ベビーちゃんのまだオムツのとれないお子さんもリトミックレッスンや3歳からは個人レッスンに通っていただいてますが、本当に親御さんの教育への気持ち、ご協力をいただけ、お子さんを共にお育てさせていただけると事が、ありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

母の気持ちに触れ、あらためて大切なお子さんをお預かりしていると、思います。

これからも、保護者の皆様に寄り添い、子供達がしっかりと自立できるように、育てていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


カテゴリー: ブログ タグ: ,

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2019 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com