ステップアドバイザーの役割・使命

2018-09-19
記事が少し前後しますが、コンペをはさみ、7月21日 仙台まほろばステーション・9月9日 新潟三条らてステーションとステップアドバイザーのお仕事がありました。
仙台まほろばステップ
 

前日に着いた燕三条駅です。  

当日のお写真はまだ頂いてないので、頂き次第、アップしますね。
 
ステップに最初はスタッフとして関わってから、すでに19年くらいになります。
その間に、自分自身も生徒として、受ける側の時もありました。
 
「ピアノステップ」は、それぞれの年代の方が、それぞれの目標に合わせてレッスンの延長上として受けられるステージで私はステップが大好きです。
コンクールとは違い、他と比べる比べられることなく、今の貴方のレベルで受けることができて、なおかつ、その時初めて聴いてもらう先生に講評をもらえるというのは、とても勉強になることです。
どうしても、自分の先生に何度も言われても、なかなか直せないことも、第3者の他人からも同じ事を言われていれば「あ、、これ、先生にも言われてたことだな・・・」と生徒さん自身も再確認できて、今後の練習に繋がっていけますね。
 
そして、そうしたところへの参加を促してくださるご指導者についている事も生徒さんは、誇りに思って自慢してくださいね^ ^
先生自身、自分の指導について、客観的に見つめなおすこともできて、今の生徒さんにさらにこうしてあげよう、ここを強化してあげよう!と勉強熱心でさらに生徒さんへの愛情がいっぱいの先生だからです。
そのお教室だけにいると、教室のレベルも先生の事も、そこしかわかりません。
そして、今の自分の立ち位置もわかりません。
先生自身も浮き彫りになりますので、参加させるには先生も勇気がいるのです。
 
そして、私達、アドバイザーも参加してくださる生徒さんに真摯に向き合い、その中で少しでも私達が今までやってきたことでアドバイスできることがあればお伝えしたい・・・の思いでおります。
短い時間の中で、できるだけ多くの事を伝えたいので私の場合は、、ですが全ての曲の下調べをしてその曲のやりづらい所、注意点などを書き留めております。
そして、トークコンサートの先生方は、そのための練習も事前にされて、当日は皆さんのアドバイスを書きながら、自身の演奏を整えるという神業をされています。
 
そして忘れてはならないのは、このステップを開催してくださるステーションの先生方です。
発表会なら自分の生徒さんの為だけ、しかし、このステップはまったく知らない一般の方々までのステージを朝から晩まで、運営してくださっています。
当日だけではありません。
事前準備もあります。
そして、これはボランティアであります。
これは、まさしく、ピアノの先生方が行う地域への社会貢献です。
仙台も新潟も、本当にステーションの先生方の温かいおもてなしをいただき、一日楽しく過ごさせていただきました。
こうして、全ての方々のご協力あってのピアノステップです。
 
参加される方々、運営される先生方、アドバイザーと三者が、真摯に誠実に前向きに行うから、終わったあと、楽しかったね〜❗️となるのだと思いました。
 
仙台まほろばステーション、新潟三条らてステーションのスタッフの先生方、ご一緒くださったアドバイザーの先生方、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 どれみピアノスタジオHP

どれみピアノスタジオお問い合わせフォーム

 
チーパス どれみピアノスタジオ柏教室のページ
チーパス どれみピアノスタジオ我孫子教室のページ
どれみピアノスタジオ アメブロ
 

カテゴリー: ブログ タグ: ,

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2018 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com