発表会の裏方7編・影武者の存在

2016-12-03
こんにちは、
今日は発表会の裏方編
発表会をいかに、充実した物にするのは、
この影武者の存在が大きいので、昨日の友情出演に続き、こちらから入ります。
今年ほど、大変な発表会は今までになかったかも、、
柏ハッピーステーションステップが10月にあってからの1ヶ月。
最初から、そんな事はわかっていたはず、両方のホールが取れた時点で。
だけど、思うようにプログラムができなくて、レッスン終わってからの深夜の作業..
これがかなり、応えました。
もともとパソコンなどの苦手意識があり、とても負担に感じてしまう、「やらなければならない!」という事への心の負担、そしてできない現実をつきつけられ、できない事への苛立ちで半泣き状態。
でも妥協したくない、、どうしても、今年はこのスタイルで!
プログラムだけでも、原稿ダメ出し3度!そのストレスからお腹がやられて発表会当日まで、ずっとトイレと仲良し(−_−;)
そんな状態を生徒さんが影武者のように助けていただきました。
パソコンができる大人の生徒さんが、生徒のコメント集の原稿を作ってくれたり、ステージ経験のある生徒の保護者様が、すべてのステージマネージャーをかって出てくださり、ゲネプロタイムテーブル、当日の動き、生徒さん同士の連絡、私への花束の手配、リハ、当日のお母様、お父様の役割分担、打ち上げ手配まで。
3歳から来ていたOGの子のお手伝いも裏方から演奏まで、すべてをニコニコしながらこなしてくれていました。
大学生には、自分でアルバイトしてお月謝が払えるようになったら、またおいで!と言っているので、まだ大学1年生のKちゃんは、レッスンにはこれないのですが、いつも、何かある時はかけつけてくれます。
家族も総出!
パソコン、印刷など普段できない夫が私がこだわってここ数年作っている生徒さんコメント集の印刷、製本をしてくれました。
これ、毎回、生徒の手書きのコメント、そしてその年の写真を入れ込むので、ずっとあるとその子の成長が見られるな、、と作りはじめたのですが、この作業がまた、大変なんですよね、
期日までにお願いしてあっても、忘れて遅くに提出する生徒多数、、
どんどん、作業は遅れていきます。
ステップからの一ヶ月でここまで仕上げられたのも、ホントにたくさんの方々のお力です。
そして、当日の保護者様の協力体制の素晴らしい事!
受付、接待、会場、荷物の片付け、控え室の片付け、私の車への積み込みなど、テキパキと、下に小さいお子さんがいない方々がほぼ全員です。
私の発表会は、生徒も先生もそして保護者様も一緒に作り上げていく、そして会場のお客様ともに一緒に楽しむスタイルなので、それを皆さんがわかって行動してくださることが大変嬉しいです。
このご協力があってこそ、の発表会なのです。
皆様、本当にありがとうございました。

カテゴリー: ブログ タグ:

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com