Posts Tagged ‘我孫子’

2018年 ピアノコンサートVOL10 無事終わりました!

2018-07-31

数年前より、こんにちは、

毎日暑い日が続いております。

ピアノコンサートが終わってあっという間の1か月。

写真屋さんから当日の写真なども送られてきて今は、DVDのチェックをしております。

今年は一人で発表会を行うようになってから10回目の記念コンサートでした。

今でも、初めて一人で始めた15年前の発表会の事を思い出します。

そんな駆け出しの若き頃に比べて、15年の歳月、10回目のコンサートでは、生徒さんの人数も多くなり、コンサートの演目もオープニングから始まり、お手玉体操、ソロ、幼児の即興演奏・一音連弾・ファミリーアンサンブル、ケンハモ合奏など、とても多彩なプログラムになってきました。

我孫子にスタジオを借りてから9年目、たくさんの生徒さんと保護者の方に支えていただきながら、毎回このコンサートが充実したものになっております。

数年前よりステージマネージャーをかってでてくださっている新田さんは「先生は指導に専念してください、そうしたことは私達がしますから!」と保護者の方をまとめてくださり、コンサートのタイムテーブルなどを作り、連絡してくださいます。

保護者の方も受付・会場係・お花係・荷物係・控室清掃係など、それぞれ、小さいお子さんのいるご家庭を除き、皆さんが協力し合ってくださいます。

そして大きい生徒たちは、司会を手伝ってくれます。

こうしてどれみピアノスタジオのみんなで作り上げるコンサートがとても誇らしくもあり、感謝の念でいっぱいです。

少しずつ、発表会の事を書いていきますね。


2018-01-16

こんにちは

柏市 我孫子市のピアノ教室 どれみピアノスタジオ遠藤 操です。
生徒さんは、我孫子市 柏市 松戸市 取手市などから通って頂いております。
 
さて、年賀状の抽選発表が昨日ありましたね。
皆さんは何か当たりましたでしょうか?
私は毎度お馴染み、末等の切手シートでした^_^
 
今年の年賀状で家庭の事情でお母様のご実家のある広島にお引越ししてしまったAちゃん。
社会人になった今も年賀状をいただくのですが、FBで繋がりました!
FBっていろいろありますが、こうして繋がれるのもありがたいですね。
 
リアルに近況報告の会話ができます。
お引越しした時はまだ小学生。
私と同じマンションに住んでいて、幼稚園の頃からレッスンに通ってきてくれていましたが、辛く悲しい出来事があり、遠く広島へのお引越し。
 
ピアノの先生を探すのに、私もいろいろピティナの先生を探し通えそうな距離で、この先生なら!と思って直接、メールをさせていただいて、お引き受けしていただきました。
きっと、辛い心も癒してくださるだろうと。
FBで話していたら、ずっとその先生についてレッスンをされていたとの事。
お引越ししてから13年とか。
今は保育士さんになってますが、最後にはラヴェルの曲まで弾けるようになっていたとの事で胸が熱くなりました。
 
本人もとてもピアノが好きだったのでしょうが、大事に育ててくださった先生にも感謝です。
 
今の時代、本当にネットで繋がり便利な時代になりましたね。
でも、ネットだけでなく、こうしたステキな繋がりもあること。
長い事、レッスンをしていると、嬉しい事、楽しい事もたくさんありますね。

コンクールについて思う事、Sちゃん初めてのコンクールにチャレンジしました!

2017-07-16

こんにちは

柏市・我孫子市のピアノ教室「どれみピアノスタジオ」 遠藤操です。

生徒さんは柏市・我孫子市を中心に、松戸・取手市などからもお越しいただいております。

この夏の時期になると毎年思うこと。

それはコンクールです。

私のところではコンクールを受ける生徒さんが毎年いらっしゃいます。

コンクールも今では、ピティナであったり、、バッハ・ブルグミュラーコンクールや、グレンツェン、国際ジュニアなど、さまざまな物があります。

その中で生徒さんに合ったコンクールを選択するのですが、あくまでも、コンクールに出たい! というやる気のある生徒さんのみで受けております。

ステップとは違い、コンクールは絶対評価ではなく、相対評価。

日頃の練習はもちろんの事、こちらがレッスンごとに出す課題・部分練習をじっくり、取り組んでいただけるかどうかです。

特に小さいお子様の場合は、お母様の協力なしでは、無理なので、そのフォローができるかどうかにもかかってきます。

本当は、すべての子がコンクールを経験するとピアノはどの子も上達すると思っています(その子なりの成長幅で)

でも、上達させることだけが目的ではないので、それを望んでいない子には追い込んでしまいますね。

私自身、苦い失敗体験があります。

そんな中、今年4月に「コンクールを受けてみたい!」と入会されたSちゃん。

お母様が中国の方で中国人のピアノの先生についてレッスンしていたそうですが、日本でのコンクール指導経験がなかったので、うちにいらっしゃいました。

コンクール指導はある意味、独特でコンクール仕様のレッスンでないと、なかなか通らないのが現状です。

だからコンクール指導を勉強し続けているのですが、といっても、入会されたのが何しろ4月、コンクール3か月前です。

すでに、ピティナの課題曲も出ており、いろいろ直さなければ、ならなかったこともあり、今年は初めてなので、まずは1曲だけのグレンツェンから、取り組むことにしました。

そして昨日の千葉予選では、銅賞とのメール報告がありました。

レッスンで伺えなかったので実際の演奏が聴けなかったのはとても残念ですが、写真・動画はあとで送って下さるそうなので、また次回、載せますね。

メールの内容では、銀賞なしの金賞に次ぐ銅賞だったとかで、それぞれの先生の個表を写メして送っていただきましたが、とても良い点数でした。

これには、本人も自信をつけたようで、来週はピティナ検定です。

実は最初は初めてで、怖いので1曲だけのグレンツェンといっていたお母様も、4月にレッスンを始めてだんだん変っていく様子に「ピティナもやってみたい!」と変わっていき、私の師匠レッスンも一度だけですが、受けてきました。

コンクールの結果に一喜一憂することなく、努力する大切さ・本人が工夫して練習に取り組む姿勢、練習辛い時もあるけど、もう少し、ここだけ頑張る・・・などの忍耐力など、誰かとの闘いではなく、最終的には、自分との闘いなんですね。

そして、そういったすべての事をご家庭でも、コンクール会場でもフォローしてくださるお母様との親子関係が何より、大切ですね、

「親が変われば子も変わる」

私の所属する師匠のお言葉です!

そして指導者の私も経験を積みながら、向上していきたいと思います。

人生、いくつになっても勉強です!


子供達の忙しさ

2017-05-22

こんにちは、

このところ、毎日、春を通りこして初夏の陽気です。

この気温の寒暖差に体調を崩している生徒さんも多いですね。

おまけに、我孫子地区は運動会が春、すでに終ったところ、これからの子達もあり、この連日の暑さにぐったりとしています。

そんな中でも子供達は、レッスンに来てくれます。

もちろん、ママに連れられてきますが子供達としては、ホントのところは休みたいところでしょう。

そんな中でも、眠たい目をこすりながらピアノを弾く様子は健気で、愛おしくなります。

子供達は本当に毎日が忙しく、学校、部活の他に、塾、プール、その他お稽古事が、毎日のようにあります。

そんな中で・・・・

何を優先するのか、、したいのか。

ピアノははっきり言って毎日の練習をしなければ、上達はしないと思います。

それでも、レッスンにこないより、ましです。

毎日忙しく、体も疲れているわけで、来るのだって大変たけど、レッスンにくれば、音符読みをしたり、リズムトレーニングなどのソルフェージュはできます。

そしてその子のペースでレッスンを進めていきます。その中での気づきもあるでしょう、

「毎日、練習しなさい、ピアノ、やったの?」とママ、言ってませんか?

「練習しないなら、お月謝もったいないでしょ! 辞めなさい!」

確かに、一生懸命働いてくださったお金が月謝になりますので、その成果の見返りを求めたいのも親御さんとしては、当然です。

でも、その見返りって。、

練習がすべてではないこと、続けていくことで、どの道に行くかはわからないけれど、その道は繋がっている、続いているということ。

なんだかわからないけれど、色々、散らばっている点々が、そうして続けていくことで、1本の線になって、やがて太い線。になっていくと思っています。

 

 

 

 

 


お子様のレッスン空き時間

2017-03-28

子供レッスンの現在の空き時間について

新年度お子様の現在のレッスン可能な空き時間です。

小学校入学・進級で早い時間が空きました。

月曜日 15:00 ~ 16:00~17:00 17:30~ 18:30~ 火曜日 15:00~16:30 16:00 16:30 満席

水曜日 15:30~16:00   木曜日 15:00~ 18:00 満席

金曜日我孫子教室 15:00~16:00 17;00~ 18;00~19:00満席 土曜日 11:00~12:00 満席 15;30=満席

金曜日 柏教室 15:00~17:00 17:30~18:30


体験レッスン 随時 有料にて行います(1000円、1週間以内にご入会の場合入会金に充当していただけます)

七田ドレミコース 体験レッスン日 随時

お問い合わせはこちらから

 


« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2011-2020 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com