ピアノ先生ブログ

保育士養成コース

2012-10-11

今日は体験レッスンのお電話が2件ありました。

お父様からのお電話で高校3年生の娘さんが保育専門校に進むのでピアノを習いたいとのことでした。

素晴らしいですね!

お父様からこのようなお電話を頂いたのは、ピアノ指導26年の中で初めてで驚きました。

そして、その日のうちにいらしたのはなんとお母様! お父様は職場からのお電話だったそうです。

こうして、父親がお子さんの教育にも携わって下さるのは、とても良いことだと思いますし、お子さんも幸せですね。

お話しさせていただいて、即入会下さる事になりました。

 

保育士養成コースは、普通のピアノレッスンとは異なり、すぐに現場で使えるテクニックを指導していきます。

保育士試験などに出る内容や、幼稚園の試験などに多く使われる弾き歌いの指導なども行っております。

またうちの娘が現役保育士ということもあり、現在の様子などもお伝えすることが出来ます。

一緒に夢を叶えましょうね!

そんな夢のお手伝いが出来る事に今からワクワクしています。

 

 


柏市大津ヶ丘第1小学校・柏市北部小学校運動会に行ってきました!

2012-09-30

昨日は、自宅教室の学区でもある大津ケ丘第1小学校の運動会・そして北部小学校の運動会に行ってきました。

もちろん生徒ちゃんたちの応援です!

昔から、自分の子供が卒業したあとも生徒ちゃんがいる学校の運動会には時間の許す限り、見に行くことにしています。

子供達もそれをよく知っているので、「先生、明日来る??」と私に事前に聞いてきます。

近所の方や知り合いの方に会うと「あれ? いないよね?」とたいてい不思議そうに声をかけられるのですが、子供たちには、毎年の事、、、

私を見つけると、照れくさそうにしていますがとても嬉しそうにしてます。

そして、ご父兄と一緒に応援したり楽しいひと時でした。

ただ近くとはいえ、2か所はしご、しかも午後からレッスンありで午前のみなので、ほんの一部でしかありませんが。

そんな中、出会った保育園のRちゃんの忘れられないひとこと!

Rちゃんは、来年1年生、未就学児競争に参加していました。

そのあと「みさお先生~・・・・」そして、私のお腹に手をあて「せんせい、おなかにあかちゃんいるの???」

がーん!!!!!!!! 「これは自腹・・・・

ママがとなりで「なんて失礼なことを・・・・・」とあたふたあたふた・・・(笑)

子供の目の鋭さ・・・・。特にこの子は観察力に長けていて、楽譜の中からもいろいろ発見する子だっけ。

そこで、私は誓いました。

食欲の秋、、食べ物が美味しくなるこの季節に、スイーツをやめてくびれを作ってみせる!

こうご期待。 かぼちゃのプリン、スイートポテトなんて作ってはダメだわ、、、どこまで耐えられるかな・・・・・

 

 


木曜日に空きがございます!

2012-09-18

先日体験レッスンのUちゃんのお母様から入会のお電話を頂きました。

9月もあと2回しかありませんが、せっかくやる気があるので「今月から!」と言ってくださいました。

このところ体験レッスンのお電話をいただいておりまして、特に3歳くらいの小さいお子さんが多いです。

小さいお子さんですと、早い時間、3時半くらいの時間帯ご希望の方が多く、今のところ遅い時間にしか、空きがない現状でしたが、講師レッスン日の木曜日を空けることにいたしました。早い時間ご希望の方は、お早めに、お申込み下さいませ。

尚、体験レッスンも空きのある時間のみでしかお受けできなくなっておりますので、よろしくお願いいたします。


敬老会

2012-09-18

昨日は月二回、音楽療法に伺っている特養施設 南花園での敬老会がありました。 敬老の日の一日前にやるのが、恒例で入所者様だけでなく、家族の​方も多勢いらしてました。 80歳以上の方は11名、そのうち100歳を越していらしたのは​、101歳と105歳のお二人! とてもお元気です。
南花園の歌を歌ったり、皆さんとピアノに合わせて歌いながら合奏​の発表がありました。 曲は、美空ひばりさんのお祭りマンボ! 太鼓や竹で、リズムを取りながら、わっしょいわっしょい!
元気いっぱい歌いました。 楽器を使い、リズムをとることで、身体にリズム感を取り戻し本来​ある生活リズムを整える、 そして楽しみながらストレス発散! そんな音楽療法の合奏です(^-^)/

20120918-112624.jpg

20120918-112641.jpg


先生方とのランチミーティング

2012-09-11

9月に入りましたが、まだまだ日中は暑い費が続いております。

昨日は先生方とのランチミーティング!

皆さん、ピアノの先生、ランチをいただきながらそれぞれの悩みやピアノの指導、近況報告など情報交換をしました。

最初にお店に入る時に、びっくりしたというか、「ああ、やはりピアノの先生!」と納得したシーン!

靴を脱いで上がるお店だったんです。

サンダルをはいていらっしゃる先生が多かったのですが、皆さん、サンダルを脱いでフットカバー(靴下)を鞄から出して、さっと履いていました。

帰りも下足箱から靴を出して、さっと脱いでいました。

皆さんが当たり前のように一斉にされたので、他のお客さんがいらしたら不思議な光景に映ったかな?

でも、、その光景を見たとき、ある生徒さんがレッスン室でやはり、靴下を履いていた時の言葉を思い出しました。

小2のMちゃん。「先生、汗でベタベタで靴下がなかなか履けない!」

汗でくっついてしまい、なかなか履けなかったようです。

「そうだね、暑いから、汗でベタベタだったり、足は汚れているよね。その足でみんながレッスン室に入ったらカーペットが足あとだらけで汚れちゃうよね・・・・だから、靴下、必要なんだよ」とお話ししたっけ。

もちろん、靴下を履くのはピアノ教室ではペダルを踏んだりもしますし、汚れだけの理由ではないのですが、

よそのお宅に上がるときも、そんな心遣いができる大人になって欲しいですね。

そんな、小さな、日常的なマナーなども、お話しているのがピアノの先生なんですね。

お店で一斉に見た光景、、、皆さん、良い指導者でした!

 

 

 


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com