素敵なコンサート ~愛する孫たちへ届けたい~ 浦 富美コンサート

2014-08-11

今日はうちの年長さんの生徒ちゃんのおばあちゃまが開いたコンサートに伺いました。

おばあちゃまは声楽家でいらして、それも、遠くに住んでいてなかなか会えない孫達にも、「聴かせたい、私の生き様を見て欲しい!」と夏休み、お盆で帰省される娘さん一家も呼んでこの日のコンサート。
これって、、なかなか誰もが出来る事ではありませんよね。

浦 富美コンサート「~愛する孫達へ届けたい~」 と副題がある通り娘さんやお嫁さん、お孫ちゃん達が一番前に座り、聴いていました。

その伴奏者・ピアニストが全盲のピアニスト 「島筒英夫」さんで20年来、ご一緒に活動されているそうです。
島筒さんは、「さよならほくたちのようちえん」の作曲者でもあり、幼稚園、保育園の卒園式などでは、大変よく歌われています。
折しも、島筒さんのピアノは以前、それこそ、10年も前になりましょうか、ソロコンサートで伺ったことがありまして、またお会いできましたご縁にびっくりいたしました。

「お母さん」をテーマにしたコンサートは、島筒先生の出版された、島筒英夫歌曲集「蜂と神さま」からも「あぜ道」「端」「母さん~島筒さんのために~」などの歌もありました。

Aちゃんのおばあちゃまの歌声と島筒さんのピアノが、当時の自分と重ね合わせ、そして親になった私が母の気持ちを思いやったりとても優しい気持ちになりました。

また、私ももうすぐ、おばあちゃんになります。
私も、こんな素敵なおばあちゃんになりたいです。

そして一緒にお写真を撮っていただいたとき、「孫のピアノ伴奏で歌えたら嬉しいわ・・・」と浦 富美先生!

「はい、がんばります!」 これは責任重大です。
身の引き締まる思いがいたしました。
しっかりと、ご指導させていただきます!
いつかその夢の実現に向けて・・

IMG_1415.JPG


カテゴリー: ブログ 

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com