新入会Hちゃん初レッスン

2011-10-31

昨日は、4歳になったばかりのHちゃんの初めてのレッスンでした。

先日の体験レッスン後、その場で入会を決めてくださっていたのですが、お風邪をひいてしまい、1週間待ちに待ってのレッスンとなりました。

少し緊張したお顔でしたが、お気に入りのバッグにお気に入りのスタンプを持って、来てくれました。

今日は、初回レッスンでしたので、まずは恒例の、手形!

そして、指の番号をかき、数字のおけいこ。

鍵盤でのチョキチョキ探し、などです。

3歳、4歳のおけいこは、ピアノに入る前の準備段階的な要素が多いです。

たとえば、数字や、ひらがなもまだまだの子もありますので、お歌を歌ったりしながら、同時進行で学びます。

また、その子その子によって、男の子と女の子も違いますし、早生まれの子ではその理解力にも、差があります。かたや、1歳、歩いている子と、生まれたばかりの赤ちゃんというように、スタートが違いますから、同じ、◯才児とひとくくりでは、いかないのです。

とても手がかかるといえば、まさしくそうです。

しかし、私はこの初めての小さな生徒さん達のレッスンが、とても好きです。まっさらで、まだ何もわからない状態ですが、初めて学ぶ音や、リズム、数字のおけいこなどにも目がきらきらしています。(これ、初めてピアノを習う大人の方もそうなんですよ、、、大人の方の場合、目がキラキラとは言えませんが(笑)

ピアノが弾きたいと言う思いと情熱は同じなんですよ、むしろ、まさっていたり・・・)

話しをもとに戻しますが、ひとつひとつ、ゆっくりとその子のペースに合わせて指導していきます。

まだ、指もふにゃふにゃでなかなか立ちませんが、三つ子の魂、100までも!

良い手の形で弾こうする思考回路はインプットされていきます。

すぐにはできなくてもいいんです。

この最初の入口が間違ってしまうと、あとが大変。

ゆっくりでも確実に育てていきたいと思います。

どうぞ、ご父兄の皆様、ゆったりとしたお気持ちで見守って下さいね。




カテゴリー: ブログ タグ:

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com