体験レッスン

2011-07-13

今日は体験レッスンがありました。

幼稚園会場でピアノを習っているというMちゃん。

最近ではよそのお教室から移ってこられる方が、増えています。

まずは、ご挨拶。

先生と一緒のタイミングで、ご挨拶するのもリズムです。

バッチリと出来ました!

それから、いよいよレッスンです。

今月の発表会で弾く曲を弾いてもらいました。

その後は、音譜カード読みをしたり、歌ったり、一緒に連弾したり、、、

リズム感、音価、指の様子、表現力、その他、音感、音譜読みなど、今出来ていること、少し不足していることなどを、シートに記入して最後にお渡ししました。

Mちゃんは、活発でピアノを弾くのが、とても好き!という印象でした。

まず是非、それを伸ばしてあげたいと思いました。

まだ、指先・手首などの意識が、ないようでしたので、そのアプローチを私が、弾いて見てどちらが、きれいな音で弾けているかを聞いてみました。

その違いはよくわかったようでしたので、これからが大事であると思いました。

子供の可能性は無限大です。

最初は「楽譜が読めて、楽しく弾けるようになれば良い」 との親御さんが多いですが、、、

本格的に、ピアノの道に行かないまでも、やはり、きれいな音で弾けるようになるための指導がなされてないのは、問題です。

三つ子の魂、百までも、、、何より、最初の指導が一番大事です。

すぐには出来なくても、言い続けている事で、インプットされていきます。

大事なお子様と一緒に歩いていきます。

愛情を持って、楽しくレッスンしながら、、基礎を身につけてもらいたいものです。

それは、ピアノだけではありません。

人としての人間力をもです。

帰り際、「発表会終わったら、ここに入る!」とMちゃんが、お母さんに言ってくれたのは、嬉しかったです。

先日、生徒の結婚の報告にも書きましたが、ピアノの生徒とは、長い、おつきあいになります。

これが、他のお稽古とは違うことなのかな・・・

指導者であり、母のような存在でもあり、、、一緒に寄り添いながら、導いていきます。

私は、これを一番大事にしております。

だから、ピアノの先生、辞められないんだなぁ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています、応援クリックしてね!


カテゴリー: 未分類 タグ:

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com