練習時間とその成果は比例??

2011-05-15

今日は日曜レッスン、
埼玉から来る兄妹・それから普段は塾などで忙しい子達のレッスン日です。

私の教室では私が作成したレッスンダイアリーファイルをそれぞれ渡していて、レッスンした曲・宿題・などの他に、練習時間を自分で書くようになっています。
これは、時間を書きますが、、一番の目的は、毎日弾く習慣をつけてもらいたいから、、

今日の年長さんのHちゃん。
4月から、毎日20分と記入されています。
「最後の曲まで弾いてきた!」と誇らしげです。
聴いてみると、そのわりに、、、?
両手で弾くと、つっかかり、どうかすると指番号が右手左手、混乱しているようです。
時間にこだわり、、その時間ができたら、満足してしまっていたようです。
しかも、最初から両手で弾いて弾けないところは、ゆっくりになってしまっています。

それでも、ママと決めた目標の時間はやったのだと 本人の中では達成感になってしまっている・・・そこで満足してしまっている・・・・
これは危険です!
練習の方法が間違っていると、いくら時間を入れても無理、むしろ、時間が長ければ長いほどダメになるための練習?? リズムなどどんどん崩れていきます。
やはり、お子さんだけの練習では、こういうことも出てきます。
せっかく練習するのですから、練習時間とその成果は、やはり比例であって欲しいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


カテゴリー: ブログ タグ:

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com