絶対音感レッスン

「絶対音感」とは、音を聴いてその音がドレミの音名でわかるということです。

言い方を変えれば、突然、聞こえてきた音が音名で聞こえるということ。

たとえば救急車のサイレンの音、駅のホームの発着のメロディー、もっと身近だと、机を叩く音、ママが包丁で刻む音などなど、、、日常の様々な音がわかるようになります。

しかし、絶対音感がつくことの目的はそんなことではありません。

絶対音感がつくことのメリットは大きく2つあります。

1つは、成長期の子供の脳にすごく良いということ。もう1つは、音楽で自己表現することが簡単になることです。

「アインシュタイン・ファクター」という本で書かれていますが、初見で楽譜を読む訓練や絶対音感がつく訓練によって、IQが永続的に10ポイント上げられると言われています。また、絶対音感には単語の理解力や、数学の能力に使う脳を大きくする作用があるとも言われています。音楽家になってほしくても、そうでなくても、子供の脳の発達に良い影響を及ぼすことは間違いありません。

2つめは、音楽活動の幅が広がるということ。

どんな音楽でも耳で聞くだけで楽譜に書いたり演奏することが出来ることは、大きな利点です。

たとえば、流行りの歌謡曲、CMなどの曲などが、楽譜がなくても弾けるというのは、凄いことです。

子供たちの中では、「マル・マル・モリ・モリ、」など、弾いてお友達から羨ましがられている・・という声も聞いています。

さらに、そこから自分で曲を作る、、伴奏を付けるという作曲につながっていきます。

実際に楽器で音を出さなくても、音が頭の中でイメージできるので、それを組み立てて曲が完成されるようです。

このレベルまでいくと、本当の音楽の楽しさが理解できるのかもしれませんね。言葉をしゃべるような感覚で、すらすらと曲を作ったり、即興で曲をアレンジしたり・・・。喜びの感情や悲しみの感情をそのまま、ピアノで表現できるようになるでしょう。

絶対音感は、「天才」の人がはじめからもっている能力ではなく、訓練すればほとんどの子供が身につけられる能力です。

ただし、年齢が6歳半までに始めないと、なかなか身につかないというデータもでています。

そこで、6歳半までの小さな生徒さんのみ、お月謝+1000円で絶対音感トレーニングをレッスンのカリキュラムに取り入れております。

 

 




 

 

どれみピアノスタジオ・・・千葉県我孫子市若松139-7 みどり歯科2F

お問い合わせ TEL : 080-5459-1597

 
Copyright© 2011-2017 どれみピアノスタジオ. All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com